地震に強い家に住みたい!旧耐震・新耐震の違い

こんにちは!アイエー住宅販売 狭山支店の新沼です。皆様はGWいかがお過ごしでしたでしょうか?私は少し早めのGW休みを頂き、グアムへ行ってきました!!天気にも恵まれ、リフレッシュが出来たGWでした。GWも終わりましたので、お仕事に集中していきたいと思います。

今回のキーワードは耐震です!新築戸建では頑丈で長持ちする家である証明である「耐震等級3」を取得しているお建物が増えてきましたが、そもそも耐震基準が法律で変わったことはご存知ですか?

中古のご物件を購入するにあたって、気になる点といえば地震に耐えられるかどうかだと思います。そこで、今回は旧耐震と新耐震のお話しをさせて頂きます。是非、ご参考になればと思います。

地震

【旧耐震】震度5程度の地震に耐えうる住宅

耐震基準とは、建物が地震に耐える能力があるか定めたものになります。地震大国の日本ですから、地震は怖いですよね( ;∀;)なので、耐震基準を改正したりして、国でも安心したお家を作るよう定めたんですね。

【旧耐震】と耳にされる方もいらっしゃると思いますので、旧耐震のご説明からさせて頂きます。昭和56年(1981年)に耐震基準が変わりました。昭和56年以前のものを旧耐震と言います。

旧耐震基準の住宅は危ない?すぐ壊れてしまわない?

旧耐震基準でも地震が来たらすぐ壊れてしまうの?と思ってしまうと思いますが、旧耐震基準とは、建物が中地震に耐えられるように設計されており、震度5程度の地震に耐えうる住宅の規定としてあります。なので5程度であれば、心配はないということです。ただ昭和56年以降のお建物ですので、やはり築年数が経過していますので、これから住むと考えると不安ですね。耐震診断を受けることで耐震基準に適合しているのか確認することができます。

【新耐震】震度6強以上の地震でも倒壊しない住宅

旧耐震のご説明をさせて頂きましたが、旧耐震から新耐震にどう変わったのでしょうか。昭和56年以降のお建物が新耐震基準のものになります。先ほども地震のご説明をさせて頂きましたが、新耐震ではどの程度の地震に耐えられるのでしょうか。

地震に耐える強い家かどうかがポイント

新耐震基準としては、震度6強以上の地震でも倒れない住宅となっています。震度5強程度の中規模地震ではほとんど損傷しないこととなっています。やはり地震が大きな基準となっているんですね(´・ω・`)アイエー住販では新耐震基準に適合した住宅を埼玉県狭山市で多く取り扱っております。

【旧耐震】と【新耐震】熊本地震での倒壊率は?

旧耐震新耐震

地震大国日本で最近の大きな地震と言えば、熊本地震ですね。国土交通省国土技術政策総合研究所が発表した資料によると、震度7を2回観測するなど最も大きな被害にあった地域では、

・旧耐震基準による建物702棟のうち225棟が倒壊

・新耐震基準による建物1042棟のうち80棟が倒壊

となっております。

倒壊率だと、旧耐震32.1%・新耐震7.6%となっています。このように新耐震基準が倒壊のリスクを軽減しているとわかります。

【耐震診断】をしていつ来るかわからない地震対策を!

旧耐震・新耐震のお話しをさせて頂きましたが、新耐震でもいつ起こるかわからない地震への不安は消えません。ですので、中古住宅の購入をお考えの方は耐震診断をオススメ致します。アイエー住販では狭山市の中古住宅を多数取り扱っております、耐震基準適合した住宅に関してぜひお問い合わせください。

新耐震基準は地震に対する耐久性を示す明確な基準ですが、建物は建築された瞬間から経年劣化が始まります。なので、新耐震基準だからといっても不安は残ります。耐震診断を定期的に行い、いざという時に備えましょう。現在住んでいる家屋の耐震診断や耐震基準適合証明書の発行に関するご相談もお受けしております。

お客様1人1人の不安を一緒に取り除いていきましょう!!