狭山市・入間市のプラネタリウムで夏の星空を楽しもう☆

こんにちは、営業の寺島です。毎日ニュースを見ていると、西日本での大雨の被害が大きく言葉を失う程になります。一日でも早く、そちらにお住まいの方たちが安全に安心して生活できますように。お見舞い申し上げます。私個人でもできることは限られていますが、  助けになることを行いたいと思っています。

それにしても、関東では暑い日が続きますね~・・・。一日中エアコンのきいた部屋にいると身体がだるくなりますよね。皆さんは、夜夕涼みに外に出かけたりしますか?夕涼みに出かける時、夏の星座を幾つか覚えておくと夜外に出かけるのが楽しみになりますよ♪では今日は、夏にどんな星座が見れるか、また狭山市・入間市にある歴史あるプラネタリウムをご紹介します。

夏の代表的な星座は何?

小学生のころ星座盤?と言ったかな。それが大好きでした。よく色々な星座を調べて観察したものです。夏の星というと、やはり「夏の大三角」ではないでしょうか。

東を向いて上を見上げるところにある一番明るい星が「こと座」のベガ。
ベガから右下の方向にある「わし座」のアルタイル、ベガから左下の方向にある「はくちょう座」にデネブ。この3つの星を結んだ大きな三角形が「夏の大三角形」です。8月になると頭の真上に見えるようになりますよ。他にも代表的な夏の星座は、はくちょう座。大きな十字型が有名です。南の空のちょっと低い空には、さそり座が見えます。赤く光っている星を見つけて下さい。そこから左下の方に、2等星や3等星が曲がり並んでいて、大きなSカーブを描いています。さそり座の東側には、射手座などが見えます。他にも沢山の星座があります。もっと星座を知りたくありませんか?また今年の7月末には火星が地球に大接近するそうです。もっと星座を知り楽しみたい方、狭山市・入間市にあるプラネタリウムに是非行かれて見て下さい。ここからは、各プラネタリウムについてご紹介しますね。

狭山市立中央児童館のプラネタリウムで星空を楽しもう☆

出典:Walkerプラス

狭山市立中央児童館のプラネタリウムは、昭和52年にオープンした埼玉県で一番古いプラネタリウムです。中は少しレトロな感じがします。座席数は92席です。

☆一般投映:毎週日曜・祝日、第2・4土曜。午前11時・午後3時からの2回。季節の星空が投映され、生解説が行われます。解説は当日の入館者の年齢に合わせて、語りが変わるそうです。

費用:小学生以上100円。乳幼児は保護者同伴。

☆シニアプラネタリウム:奇数月の第4水曜午前10時から開催。次回は7月25日です。

費用:100円 おおむね60歳以上の方が対象です。

☆夏の星空解説プラネタリウム:8月中の水曜・木曜・金曜午前11時から。

費用:小学生以上100円

☆天体観望会:毎月第2・4の土曜。午後6時からプラネタリウムで今宵の星の話がされ、観望室で星を見ます。

費用:小学生以上100円 中学生以下保護者同伴。

★★★火星が地球に一番接近する7月31日も特別に天体観望会が実施されます。

入間市児童センター内プラネタリウムでも星空を楽しもう☆

出典:Walkerプラス

入間市向陽台にあるプラネタリウムはオープン30年を迎えます。座席数は120席もあります。今年の夏は火星が15年ぶりに大接近します。それで、特別な天体ショーが開催されます。

天体観望会:毎月3土曜午後7時から。大型屈折望遠鏡での星空の観望会。

参加無料です。

「夏休み天体観望会~火星大接近~」:7月28・29日午後9時~10時半に開催。

参加無料、申込み不要です。

費用もお手軽ですね!今年の夏は、お一人さまでも、ご家族や友人とプラネタリウムに狭山・入間のプラネタリウムに行って夏の星座を見てくるのはいかがですか?暑さも少し落ち着いた夕涼みの時も星空を見るのが倍に楽しくなりますよ♪