家の住み替え 何からはじめたらいい?

住み替え

家の住み替えと言っても、まず何からすればいいのでしょうか? 新しい家の情報収集? それとも自分の今の家を売りに出す事?売却? なんとなく考えているだけでは物事はなかなか進まないものですよね。ここでは住み替えについて、まず何からすればいいか、いくつかステップにわけてご紹介したいと思います。

家2

家を住み替えるタイミング?

家を住み替えるタイミングは、暮らしの中のいろいろな場面で起きうることです。例えば転勤によって引越しを余儀なくされた時や、生活環境がかわりよりよい環境への住み替えなど。また資金が必要になったためや、実家の相続、お子様の独立などなど。他にも、それぞれの事情によって住まいを売ることを検討されるお客様も少なくないようです。

まず始めに住み替え先希望条件を決めましょう!!

「何、家を売却をお考えですか?」たいていのお客様は、「現在より便利な家、暮らしやすい家へ住み替えるため」と答え頂きます。ではまずは住み替えの理由や今住宅ローンの残債や貯金がいくらあるかなど、現状を把握し、買い替え先の希望条件を整理することから始めましょう。

家と電卓

とことん話し合いをしてみましょう!!

住み替えを検討された始めには、何かしらの理由があるはずです。
いろいろな理由がありますが、一番は現在の家がお客様の「ライフスタイルに合わなくなってしまった事」が多いのではないでしょうか?まず、そんな住み替えの動機を整理してみましょう。結果新しい家でどんな暮らしがしたいのかが漠然でも見えてくると思います。そうするとその理想の生活をするためにはどんな家が理想かが考えられるのではないでしょうか?なので後悔しないためにもとことん話し合ってみましょう!!

スケジュールと目標を計画しましょう

住み替えの動機を整理し希望条件がまとまってくると、次にどのタイミングで引越しをするかなどを計画してみるといいでしょう。「仕事の転勤時期」「お子様の学校の都合」など。お子様がいらっしゃるお客様の中には、住み替えによって学区が変更になる場合は新学期が始まる前の「3月頃まで」をご検討される方も多いです。

住宅ローンの残債や貯金など金銭面の把握

憧れの新しい生活にわくわくドキドキしたところでで、現実に戻ります。

 

住宅ローン

現状の把握をしましょう。まずもっとも重要にのは住替えるための資金。お金です。現在の住まいの住宅ローンの残債があれば、残りの金額を確認しましょう。そして住み替えのために使える貯金はいくらあるのかも合わせて確認する事が大切です。そして現在のローン支払い額に余裕があるか、新しく組むローンの返済額の上限なども確認しておくといいでしょう。

購入金額を明確にする

例えば、ローン残債と住み替えに使える預金が同程度なら、売却分をすべて新しい家の購入にまわせるので、買い替えは十分可能と考えていいでしょう。ただし、ローンの残債がかなり残っていても、住み替え可能なケースもあるので早めに金融機関に相談してみる事をおすすめします。

査定に出す

住み替えの予算を出すにはやはり、実際今お住まいの家がいくらで売れるか?不動産の価格を知らないといけません。その際のポイントは複数の不動産会社に査定に出す事です。めんどくさい事かもしれません。ですが今はインターネットの復旧によって色々な情報とそして一括で査定してくれるサイトもあります。あと売却する物件の相場・新しい住み替え先の情報収集。そして家の予想売却金額を見つけておくとそのあとがスムーズに動けるのではないでしょうか?そうすると不動産会社からだされた金額をそのまま鵜呑みにするのではなく、お客様自身で情報収集された情報と照らしあわせて判断頂けますし、不動産会社によって査定条件は多少の違いがありますので判断しやすいと思います。

子供とお母さんの写真

Mother and baby playing on the beach

以上。簡単ではありましたが住み替えの査定までの全体的な流れをご紹介させて頂きました。当社アイエー住宅販売でも住み替えのご相談を受け付けております。「まだ引っ越すとは決めてないけど今住んでいる家っていくらで売れるの?」まだこれからの住まいにはっきりとしたプランがない人も、不動産の値段を知るところから、新たなライフスタイルを考えるのもアリだと思います。

是非お気軽にご自身の家だけでなく、ご実家やご親戚の家においても、老朽化や今後の住み手の課題を抱える前に、一度「不動産査定」を試してみてはいかがでしょうか。
odennwadenotoiawase

freecall 0120-115-318

 

川越支店

お電話でのお問い合わせ 受付時間

平日▶︎9:30 – 18:30
土日・祝日▶︎9:00 – 18:00