【不動産を楽しく解説】平成狸合戦ぽんぽこと新住宅市街地開発法について検証

こんにちは、(株)アイエー住宅販売所沢支店の津村です。

さて、今回もジブリシリーズあほ検証を懲りずにやりたいと思いますv今回で第5弾になっちゃいましたw第5弾は「平成狸合戦ぽんぽこ」の狸たちは都市開発に勝術は本当になかったのかを、あほ検証していきたいと思いますv今回も冒頭でお伝え致しますが、私はジブリ映画の大ファンで宮崎駿監督や高畑勲監督を尊敬しています。

決してジブリ作品をバカにしている訳ではないことを、ご理解いただけたらと思います<(_ _)>

新住宅市街地開発事業とは

都市計画で定められた市街地開発事業の一つで、住宅に対する需要が著しく多い地域において良好な住宅市街地の開発を目的として実施される事業をいう。

住宅地を供給する役割

宅地の造成、公共施設の整備、造成された宅地の処分などによって、住区(住宅市街地の単位で、1ha当たり80人から300人を基準として6,000人から1万人が居住することができる地区)を形成することにより、住宅地を供給する役割を担う。

事業手法は、事業区域の土地を全面的に買収し(最終的には収用できる)、造成した宅地を住宅の需要者に売却する方法があるが、売却する際に、原則として譲受人を公募すべきこと、譲受人に住宅の建設業務を課すこと、業務違反等の場合の買戻特約を付すことなどが必要とされることが特徴である。

これは、最終的には収用することになる土地を別の私人に譲り渡すことになるため、宅地処分の公共性を確保する必要があるとされている。

大都市圏の近郊に大規模な住宅市街地を建設するために活用され、多摩ニュータウン、千葉ニュータウンなどはこの事業によって建設された。

なお、事業の仕組みは「新住宅市街地開発法」に規定されている。

それでは、あほ検証スタートw

昭和42年、舞台となるのは東京都の多摩ニュータウン。(東京都西南部の多摩丘陵に位置する、八王子、町田、多摩及び稲城の4市にわたる総面積2,853ha、東西14km南北2~3kmの地域)狸たちは、山奥の空き家となった「庭付き一戸建て」で平和に暮らしていました。


出典:YAHOO!ブログJAPAN


出典:都市伝説JAPAN

高度経済成長

ところが、高度経済成長に突入した住宅需要により、開発対象となった多摩ニュータウンの山は切り開かれ、人間の住宅が作られることになる。


出典:Hatena Blog


出典:Hatena Blog

それに伴い、狸たちは縄張り争いや餌場争いをはじめ、事態は狸たちの合戦に発展する。


出典:たぬきの掲示板

山が切り開かれた土地を見て、狸たちはあ然とする。戦いを一時休戦し、協力して人間たちを追い出すために会議を開く。狸たちは先祖代々伝わる「化学」の復興と「人間研究」に五カ年計画で取り組むことを決意する。そこで四国と佐渡から有名な長老狸を招集する。長老狸たちは決起集会を開き、「妖怪大作戦」の決行を表明。


出典:filmsagogo

なぜ妖怪に化けた?

間違っちゃったのはここですね~(・_・;)せっかく人間にも化けられるんだから、依然も「借り暮らしのアリエッティ」でも出てきた、時効取得(内容は→借りぐらしのアリエッティ2でご確認下さい)ねらいで登記しちゃえば良かったんじゃね?そうすれば「庭付き一戸建て」は守れたか、代替地を用意してくれたのでは!妖怪に化けて人間ビビらせてる場合じゃなくね?

しかも怖がってないやん(-_-;)長老wまーでも、劇中にも出てきた、春の結婚、秋のベビーブームで一挙に狸たちの人口?狸口?が倍増してるので、そもそも敷地面積が足りないですかね~(^^ゞこの辺の話も昭和40年代といえば、人間も第二次ベビーブームでしたから、さすがうまいですね♪

ちなみに、ぽんぽこのリーダーたち、当時の「自民党」をモデルにしているといわれています。

・讃岐のはげ狸→大平元総理
・阿波の金長狸→三木元総理
・佐渡島の団三郎→田中角栄元総理


出典:世界一詳しいジブリ都市伝説サイト

照らし合わせてみると、何処か似ている気がしますw環境破壊のテーマだけではなく人間の歴史的な過去も描いているんでしょうね~深いわ~(-_-;)

豆知識

縄張り

もともとは家の敷地を測る時に、昔は縄を使って測量してた事からきてるよ!昔のヤ●ザ映画でも、よく出てくる「うちの縄張りじゃ~」もそこからだよ~v

あほ検証結果!

今回の狸たちは都市開発に勝術は本当になかったのか?ですが、あったけど気づかなかった!ですかねw

ですが…

生き残った狸たちは、山にきたマスコミに「山がなくなると、暮らしていけないんだよー」「山は、おらたちの住か処。勝手になくさないでもらいたい!これは生き物全ての願いじゃ」狸たちは最後の抵抗として残った力を終結し、まだ自然が豊かで人間と狸たちが共存できていた時の原風景を再現する。


出典:Hatena Blog

最後の作戦は功を奏し、多摩ニュータウンにはわずかながら緑を残す配慮が施された。と言うことは…狸たちは都市開発に勝術はできなかったが、計画の一部を返させたのだから、完敗ではないですねvと言うことで、次回は平成狸合戦ぽんぽこと自然公園法を懲りずに、続けて行きたいと思いますv

今回も私のあほ検証に最後まで、お付き合いいただき誠に有難うございました<m(__)m>そいやっさァ!


住まいに関するご相談やご質問はアイエー住宅販売所沢支店までお気軽にお問い合わせください。スタッフ一同心よりお待ちしております。お問い合わせ→【0120-82-1518まで!!】
株式会社アイエー住宅販売 所沢支店 埼玉県所沢市北秋津121-2