「らいせんすアジア」川越に開校‼︎宅地建物取引士~学費無料~資格取得学校

らいせんすアジア

ブログ用原田  29.1.15 更新

こんにちは、川越支店の営業事務の原田です。今日は、「らいせんすアジア」のご紹介をしたいと思います。平成28年4月にASIA GROUPは、地域の不動産業界の活性化と向上を目指す目的として、埼玉県川越市笠幡に。

資格取得学校「らいせんすアジア」を設立致しました。

らいせんすアジア 外観

「宅地建物取引士」の試験で合格をし、資格取得に向けた講義を行っています。

講義日時
火・水・木・土・日の週5日間、休校日月・金となっています。
・1回の講義は2時間。
・平日は1回目、3回目の2回  土・日は1回目~3回目の3回となっております。
ご自分で受けたい講義と時間帯をご予約頂き受講して頂きます。

1回目 12:30ー14:30

2回目 15:30ー17:30

3回目 19:30ー21:30
カリキュラムは週替わりで2項目の授業となっていますので、週に2回の通学で全てのカリキュラムの講義を受ける事が可能です。自分で講義のスケジュールを立てるので通いやすいですよ。
予定が合わない時は振替も出来るので安心♡

そして、このらいせんすアジア。講義料はなんと無料なんです!!

らいせんすアジア室内

一般的に有名な他の学校は普通に通うと20万や30万かかるとか話をよく聞きますが、その授業料が無料なんて凄くないですか?!私も通うまでは正直な所、かなり疑っていました。無料なんてたいした授業はやらないんじゃないかとか…実はよくあるあるの途中で教材を買えとか言われてなんだかんだでお金がかかるパターンなのではないかと…

でもそんな心配はありませんでした

テキストは指定されたものをご自分でご用意いただきますが、そんなに高額なものではなく普通に市販で売っている物を購入します。

テキスト代金は3000円程度
それとは別に登録料5000円。

最初にほんとに少しだけお金はかかりますが。

準備費用で約8000円、それ以外はかかりません。授業料は完全無料です!

講義を聴いた後に簡単な確認テストもやりますし。次の講義の時は10分間の復習テストもやります。全55回の講義回数で、前半は基礎や用語、民法などテストに必要な知識を学びます。後半は復習テストから模擬試験、本番に向けて過去問題や試験直前対策試験など、かなりボリュームがある講義内容です。
もちろんわからない事はすぐ質問できるので理解しながら講義を聞く事ができます。
質問は後日質問用紙に書いてとかいう感じではないのでそこも良い所だと思います。
そして講義が進んでもう今からだとほとんど講義が終わっていて聞きたかった講義が受けられないから今年は諦めようかなと思っている方。そんな方でも大丈夫。講義の内容を動画で見れるようになっているので、今からでも勉強できます。あの講義の内容意味が分からないからもう一回聞きたい!!復習したい!!という時も動画で解説してくれるので再度確認できます。

そして、らいせんすアジアの2つ目の驚き!!受講希望者は誰でも通うことが出来ます!

例えば、主婦の方や学生の方でも。希望があれば中学生でも!!! 受講可能です!

定員は
1授業30名(駐車場 15台)の完全予約制。

定員になり次第締め切ってしまうので早めに講義の予約をするのをお勧めいたします!予約は前もって1ヶ月分を組む事も可能ですし、もっと先まで予約する事も出来ます。

でも何故?宅地建物取引士の資格の勉強を出来る学校が無料なんですか?

と、誰もが思う所だと思います。
ASIA GROUPはこれまでにカモノハシプロジェクトへの参加、カンボジアに小学校を寄付する等の数多くのボランティア活動を積極的に行ってきました。今回、ASIA GROUP発祥の地で不動産業界に貢献したいと言う気持ちと、現在の不動産業界での若い営業マン達の知識の底上げに貢献したいと言う考えから、思い切って「授業料無料」で学校を開設する事に踏み切りました。当 ASIA GROUP の会長兼CEOの新沼氏のボランンティア精神によるものなのです。

らいせんすアジアの生徒の方が見事「宅地建物取引士」になって頂く事が何よりの報酬と思ってます。

らいせんすアジアの地図はこちら

「らいせんすアジア」に通って、宅建士の資格を取得してみませんか!?

気になる方、詳しく話を聞きたい!!という方は是非、らいせんすアジアまでご連絡下さい。

らいせんすアジアに関する資料請求はこちらから

フォームよりメールが届いた後、確認のお電話をさせて頂いております。その後資料の発送を致します。

氏名必須
メールアドレス必須
電話番号必須
住所必須
送信内容の確認

お電話でのお問い合わせは

℡ : 049-233-7007

担当:加藤(かとう)まで。

らいせんすアジア
オフィシャルブログ http://ameblo.jp/raisensuasia/