中古住宅を探す前の心構え【いい物件は早めに行動】

こんにちは。アイエー住宅販売狭山支店の朴(パク)です。最近天気が良くてとても気持ちがいいですね!どこかに出かけたくなります!僕的には、名古屋に行きたいです。名古屋の中でもレゴランド!これなんですよ!本気で行ってみたいですし、また、レゴランドに隣接した体験型の商業施設「メイカーズピア」がオープンしたのです!50店舗以上が立ち並び、「つくる」をテーマにした店舗では食事を作ったりお土産を作ったり子供から年配の方まで楽しむことができます。噴水ショーやライトアップなどもあり、デートコースとしてもぴったりの場所らしいのですが・・・・本気で行ってみたいです。一緒に行っていただける方、絶賛大募集中です。(笑)

というのは置いといて、今日は【中古住宅を探す前の心構え】について書かせていただきます!!

不動産は決めるまでのスピードが重要

まず、不動産という商品は、一物一価でして、どれ一つとっても同じものはありません。なので、できるだけ早く手付を打たれて、契約されることをお勧めいたします。

お客様からすると、「なんで不動産屋さんの人達は、そんなに急がせるの?」って思いますよね。私たちからすると、お客様が迷っている間に他のお客様に買われてしまうと、また一から探しなおしになってしまいますし、「本当は買いたかったのに。」と言われてしまうことも多く、他のお客様に先に買われてしまうとショックなどが大きいです。そのような、後悔をしていただきたくないので、気に入った物件がございましたら、できるだけ早く手付けをうたれて、契約されることをお勧めさせていただいております。

100%満足する中古住宅は存在しません。 

不動産の価格はそれ相応に決められており、掘り出しモノは滅多にありません。大切なことは、中古住宅に対してのお客様自身の優先順位が何かを認識していただくことです。これがすごく大事ですね!!

今まで多くのお客様の方々の夢を実現させていただきましたが、全ての要素に100%満足して購入された方はほとんどいらっしゃいません。例えば優先順位をつけた結果、優先項目のほとんどが満足いくものであったとしても、それだけ希望のかなう中古住宅というものは価格面での満足が得られないと思います。

もちろん予算がいくらでもある方ならば100%の満足もありうるかもしれませんが、ほとんどの方は限られた予算で、できるだけ良いものを購入されようとします。したがって、皆さまの優先順位の中で譲れないポイントが満足いくものであり、総合的に7~8割、満足されたら買い時だと判断されることをおススメします。

中古住宅を購入時、リフォームを視野に入れた方がいい!?

中古住宅を購入するとき、まず、リフォームをするという前提で考えていただいた方がいいです。その理由としては、水回りは肌と肌が直接触れ合いますし、キッチンなどは、15年~20年くらいでガタがきてしまうといわれています。このような水回りのリフォームは視野に入れておいた方がいいです。他にも、中古住宅の床など汚れているという場合も少なくありません。中古住宅にはこういった問題があります。

中古住宅を拝見する場合は色々な所をしっかりと見た方がいい!?

見に行かないで中古住宅を購入しないでください。販売図面の写真を見てとてもいいと思っても実際に見たら全然違うという事はよくありまし、その住宅の接道なども見に行かないとわからないので必ず見に行ってください。この事は、中古住宅に限らず新築や土地でも言える事です。なので色々な物件を見に行ってください。

でも、なぜ最近中古住宅が売れてきているかというと、中古住宅の方が物件数があり、価格も新築に比べてリーズナブルです。リフォームをしても新築より価格を抑えることができ、自分達の好みの間取りにすることも可能です。また、政府もリフォームの実施率の向上と既存住宅の流通シェアの増加が指標とし、住生活基本の策定しました。

中古住宅を購入するとき気を付けることも多いですが、そこさえしっかりすれば、新築よりリーズナブルで自分でカスタマイズすることが可能なので最近では中古住宅が人気となっています。中古住宅を購入するめの心構えが重要です。