消費増税 10%に上がったらどうしたらいいの?住宅を買う時期とは?

こんにちは!アイエー住宅販売 狭山支店の新沼です!最近の出来事として、祖母と湯河原へ旅行に行ってきました。足湯に観光にお買い物に気分転換バッチリです!寒い時期の温泉は心も体も癒されますので、是非皆様のリフレッシュ方法を教えて下さい。

消費増税

出典:nomad jounal

消費税増税は住宅購入にどう影響する?

ニュースでも話題になりつつある、消費税増税ですが、消費増税に伴いもっとも気になるのが住宅市場です。2014年4月に消費税が5%から8%に引き上げられたことは、まだ記憶に新しいですが、2017年4月に10%へ引き上げが予定されていましたが、景気への影響を考えて、2019年10月まで再延期されることになりました。

今後、予定通りに10%に増税した場合、住宅購入者にはどんな影響が出てくるのか。消費税の増税が住宅購入にもたらす影響については、5%から8%に増税した2014年当時もかなり話題になりましたね。それも踏まえて、住宅購入を考えている方が10%増税に向けて知っておくべきポイントをご紹介します。

押さえておくべき2つのタイムリミット

消費税増税

出典:査定オタク

10%増税に向けて知っておくべきポイントとは!

消費税が10%に増税される前に住宅を購入しようと考えた場合、そのタイムリミットには次の2つがあります。

110%が適用される「引渡し」のタイムリミット
8%の消費税で住宅を購入しようと思った場合、その期限は「2019年9月30日」となります。この日までに不動産の「引渡し」を受ける必要があります。※注意:契約ではありません。
不動産売買契約はすでに締結している場合でも、契約から決済までにある程度の期間がかかるため、これを逆算して住まい探しを始めることが重要となってきます。

2:経過措置における「請負契約」のタイムリミット
注文住宅を建てる場合は、完成時期が多少ずれ込むこともあります。そこで、工事請負契約の締結時期が重要となるのです。請負契約を「2019年3月31日」までに締結すれば、引渡しが2019年10月以降になっても8%が適用される経過措置が講じられます。※請負契約と売買契約は違いますので、ご注意ください!

住宅購入の良いタイミングとは?

消費税増税前後における住宅購入のベストなタイミングとは、消費税額だけを比較すれば、増税前の方が有利なのは明らかでが、増税前の駆け込み需要が予想以上に増えると、増税後の反動が大きく出る可能性もあります。そうなれば、不動産の販売価格自体が落ち着く可能性も十分考えられるため、一概に消費税だけのために早く購入することもないでしょう。

また、中古住宅については、売主が消費税の課税対象事業者ではない「個人」であるケースが多いため、もともと消費税は課税されません。中古住宅を検討している人の場合は、むしろ増税後の値下がり時期を利用して購入することも1つの選択肢となるでしょう。ただし、不動産は一物一家のため、良いなと思うときが、一番のベストなタイミングとなります。

消費税増税だけを考えて焦って購入をしないこと

消費税については、購入のタイミングを決める重要な判断材料にはなりますが、それだけで決める必要はございません。ライフプランやお家探しはまず、プロにご相談いただき、ご購入に進める事をオススメ致します。増税の前でも後でも、それぞれの金額に対応した資金計画を立てておけば、たとえ増税後の購入になったとしても気にする必要はないでしょう。

アイエー住宅販売では、各店舗の営業がお客様のご家族のライフプランにあった不動産購入のお手伝いをさせて頂きます。お近くの店舗、又はお電話頂けましたら、無料でご相談を受付しております。まずは、ご相談だけでもいかがでしょうか?