【不動産を楽しく解読】平成狸合戦ぽんぽこと自然公園法について検証

こんにちは、(株)アイエー住宅販売所沢支店の津村です。

さて、今回もジブリシリーズあほ検証を懲りずにやりたいと思いますv今回は前回の、つづきで、第5弾その2「平成狸合戦ぽんぽこ」の狸たちが多摩ニュータウンの自然公園法を作ったのでは?を、あほ検証していきたいと思いますv今回も冒頭でお伝え致しますが、私はジブリ映画の大ファンで宮崎駿監督や高畑勲監督を尊敬しています。

決してジブリ作品をバカにしている訳ではないことを、ご理解いただけたらと思います<(_ _)>

自然公園法とは

優れた自然の風景地を保護するとともに、その利用の増進を図り、もって国民の保健、休養及び教化に資するとともに、生物の多様性の確保に寄与することを目的としている。

多摩ニュータウンとは

東京都西南部の多摩丘陵に位置する、八王子、町田、多摩及び稲城の4市にわたる総面積2,853ha、東南14km、南西2~3kmの地域です。昭和30年代の東京では、深刻な住宅難によって、住宅建設が既成市街地から周辺地域へと拡大していき、昭和30年代の終わりころには、多摩地域でも無秩序な開発が進行していました。このような乱開発を防止するとともに、居住環境の良い宅地や住宅を大量に供給することを目的として、昭和40年に多摩ニュータウンの計画を決定され、昭和46年には入居が開始されました。昭和61年以降は、昼夜間人口の不均衝などを解消するため、業務施設が導入され、多摩能型のニュータウンとして発展していきました。現在は、住宅をはじめとする、業務、商業、教育、文化など多様な施設が立地する、人口約22万人を擁する多摩地域における複合拠点となっております。

それでは、あほ検証スタートw

前回でもお伝えした、人間を追い出す為に「化学」を使って「百鬼夜行」を仕掛け狸達は大勝利を確信したわけなのですが、テーマパーク「ワンダーランド」の社長に記者会見で、施設の素晴らしさを伝えるためにやったと話をすり替えられてしまします(~_~;

出典:intergate.info

やはり人間の方が一枚も二枚も上手ですね~そんな狸達に狐逹が声をかけてくる!狐達は変化の術で人間になりすまして人間社会に順応し、ワンダーランドの社長にも入知恵をしていた。さすが狐!ずっち〜な~wそんな狐達は、狸達にワンダーランドで働くことを勧める。

出典:intergate.info

そして、劇中では、狸達は解散し、変化できる狸は人間の姿で社会に順応し、

出典:intergate.info

変化できない狸達は残った緑の中で生活をすることに….そして狸達は今日も宴会を開く…END

出典:intergate.info

それでは、以上をふまえて、狸達は本当に自然公園法といった自分達に有利な法律を作ったのかを、あほ検証していきたいと思います(^_^)v

あほ検証結果!

まずは、人間に変化できるとなると、政治家にもなれた狸がいてもおかしくないですよね!リーダーたちとかw

出典:https://bibi-star.jp/posts/2409

そもそも前回お伝えしました、多摩ニュータウンにはわずかな緑を残す配慮がされた!ですが、調べてみると「多摩市みどりの基本計画」に「多摩市のみどりの分布」多摩市のみどりの率が、な..なんと!53,9%と全体の半分以上緑だったのです!

もともと都市開発すすめてたのにおかしくね?絶対、狸っしょ!狸やりよったっしょ(*^^)vしかも劇中にも狸が道路に出て車に轢かれるシーンがありましたが、

 出典:https://matome.naver.jp

自然観察グループのメンバーが90年代に狸が開発で追い詰められ、事故にあっている事実を調べ、町田市も市道を横切る全長約15mの狸専用トンネルを作ってるんだよ!絶対この自然観察グループのメンバー狸っしょ(-_-;)

出典:https://twitter.com

もう一つの都市伝説

前回、ぽんぽこのリーダーたちが、当時の「自民党」をモデルにしていた話をしましたが、もう一つ「都市伝説」があり、日本とアメリカの戦争も含まれているそうで、アメリカ=人間、狸=日本と考えたら、戦争には負けたけど、アメリカに順応できるものは順応して、お互いうまく胸像した日本を書いてるのかもですね~やっぱ宮崎駿監督ぱね~<(_ _)>

最終結論(^_^)v

て事で、今回のあほ検証は自然公園法を狸達が作ったのか?は作った!でいいですよね?このシリーズ始まって初じゃないすか?こんな完璧なあほ検証はwんー実に感動したww次回は「平成狸合戦ぽんぽこ」をひっぱり番外編を懲りずに続けて行きたいと思いますv

今回も私のあほ検証に最後まで、お付き合いいただき誠に有難うございました<(_ _)>どやさ!どやさァwww