道路の種類について

こんにちは! アイエー住宅販売川越本店 営業の榎本です。

えのもと2

今回は、不動産を選ぶ上でとても大事になってくる【道路の種類について】少し説明させて頂きます。道路の種類だったり道路の幅、道路がある方位で不動産としての資産価値が全く変わってきてしまうので、新築戸建てでも中古戸建でも土地を探す場合でも、十分に注意して物件選びをしていただければと思います。

道路の種類ってどんなのがあるの?

まず、道路には大きく分けて公道と私道があります。どちらも読んで字の如く公道とは公の道路で私道とは私的な道路になります。また、その中で細かく説明すると42条1項1号認定道路:国又は地方公共団体が道路法に基づいて認定及び維持管理をしている道路。42条1項2号道路:開発道路、区画整理等により完成した道路。42条1項3号道路:既存道路【建築基準法の施工日(昭和25年11月23日)又は当該市町村で都市計画が実施された日にすでに4m以上の道があったもの】。42条1項4号道路:事業予定道路【新設又は変更の事業計画のある道路で、2年以内に事業が執行される予定のものとして特定行政庁が指定したもの】例)指定番号●●号 指定日●●年●●月●●日。42条1項5号道路:位置指定道路。例)指定番号●●号 指定日●●年●●月●●日。42条2項道路:通称2項道路【幅員1.8m以上4m未満の道で特定行政庁が指定したもの】。43条1項但書:敷地の周囲に広い空き地を有する場合で特定行政庁が交通上、安全上、防火上及び衛生上支障がないと認めて建築審査会の同意を得て許可した道路。例)指定番号●●号 指定日●●年●●月●●日。等があります。

道路2

それでは、どの道路にどのようなデメリットがあるの?

一番一般的な道路は、42条1項1号道路です。また、42条2項道路(通称2項道路)は、現況が4mに満たない道路なので、今後4m(場所によっては6m)以上の道路に広げる道路なので、自分の土地も道路の中心から2m(又は3m)のラインまで道路として扱う(使用できなくなる)事になるので、購入するときに、前面道路が42条2項道路の場合には、道路を広げた後の面積(セットバック後・道路後退後)なのか、これから道路を広げる(セットバック前・道路後退前)なのかを、しっかり確認することが大事になります。また、場所(道路の対面側)によっては、逆側から4mに広げなければならない場合もあるので、十分に確認する事が大事です。また、道路幅員によっては車を運転するうえで対向車とすれ違い難かったり、駐車し難かったり車の通りが多い(スピードを出したり)と様々な事が考えられるので注意してみて下さい。

道路の方位に関しての特徴

対象物件から見てどの方位に道路が接している(接道)のかがとても重要です。当たり前ですが、太陽は東から登り南を経由して西に沈みます。このことを踏まえて考えてみますと、もし対象物件の接道が北道路だとして考えてみますと、当然駐車場の出入り口を設けますので広くスペースが必要となります。そうしますと敷地の南側に詰めて建物を建築しなければなりません。一般的には南側にも二階建て住宅や何かしらの建物が建っていることが主ですので、南側に建っている建築物に太陽の光を遮られてしまいます。これがよく耳にする「日当たりの悪い物件」ということになります。残念ながらこの手の物件は数多く存在しまが、価格も相場よりお安くなっておりますので、ご納得されてご購入されるお客様も数多くいらしゃいます。ここで注意しなくてはいけないことがあります。接道が北道路でも南側が更地になっているので日当たりが良かったとしても、周辺環境は基本的に第三者の所有物となってますので将来どんな建物が建築されてしまうかわかりませんので、十分に注意が必要だと思います。一生に一度の買い物とは言いませんが、高い買い物ですので後悔しないようご満足いただける買い物をしていただければと存じます。最後までお読みいただき誠に有難うございました。

住まいに関するご相談・ご質問等はアイエー住宅販売 川越本店までお気軽にどうぞ。
スタッフ一同心よりお待ちしています。【049-265-3631】