アイエー住宅販売(ASIA GROUP)も取り組んでいる【SDGs】とは?丸い輪の虹色のバッジの秘密

こんにちは。アイエー住宅販売 所沢支店の萩原です。

数日前はハロウィンでしたが皆さんはお菓子をたくさん買ったり飾り付けをしたり仮装をしていつもとは違う姿で街を歩いたり写真を撮ったりしましたか?
私はちょうどコロナワクチンの翌日で自宅でダウンしておりました(笑)
まだ、コロナウイルスが心配で例年通りにはできないよ!という方もたくさんいらっしゃると思います。
約2か月後にはクリスマスですが、こちらもまたイルミネーションや色鮮やかな聖なる夜の街をお散歩なんていうのもできるか不安ですよね・・・
でも、サンタさんは家の中に入ってきてプレゼントを置いて行ってくれるので大丈夫そうですね!

煙突付近にアルコールと検温器でも置いておきましょうか?(笑)


さて今回は、皆様もよく目にするであろうスーツ姿の方の胸元辺りに付いている丸い輪の虹色のバッジについてご説明いたします。
また、ASIA GROUPの取り組みについてもご紹介いたします!

丸い輪の虹色のバッジは【SDGs】

SDGs(エス・ディー・ジーズ)とは「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称で、2015年9月の国連サミットで150を超える加盟国首脳の参加のもと、全会一致で採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」の事です。

SDGsとはどんなもの?

SDGsは、先進国・途上国すべての 国を対象に、経済・社会・環境の3つの側面のバランス がとれた社会を目指す世界共通の目標として、 17個のゴールとその課題ごとに設定された169個のターゲット(達成基準)から構成されています。それらは、貧困や 飢餓、環境問題、経済成長やジェンダーなど幅広い課題を取り入れており、豊かさを追求しながら地球環境を守り、そして「誰一人取り残さない」ことを強調し、人々が人間らしく暮らしていく為の社会的基盤を2030年までに達成することが目標とされています。

【SDGs】17個のゴール

ASIA GROUPが取り組んでいるものと内容

【1.貧困をなくそう】

再貧困の農村に住む女性たちを支援

カンボジアの農村にある工房で最貧困層の女性たちを雇用し「ものづくりを通じたひとづくり」をコンセプトに、ものづくりの現場やトレーニングを通じて女性たちがライフスキルを身につけ、自分らしい人生を切り開いていけるようにサポートする取り組みに賛同し、2008年より協賛支援をしております。


【2.飢餓をゼロに】

恵まれない子供たちへの支援

当グループは「子どもたちの明るい未来を応援したい」「子どもの貧困対策に活用してほしい」という思いから、2018年富士見市社会福祉協議会「こども未来応援基金」へ250万円の寄付を行い「子ども食堂」を設立し、感謝状をいただきました。2030年までに子どもの食料対策を埼玉県の地域に拡大していきます。


【3.すべての人に健康と福祉を】

地域や社会に貢献

当グループでは2018年にサービス付き高齢者向け住宅を建築し、運営をはじめました。ご高齢者様が安心して暮らしていける施設を提供し喜びの声をいただいております。また、地域住民の健康増進をめざし、小江戸川越ハーフマラソンへのスポンサーに毎年手を挙げております。今後もご高齢者様や地域の方々が安心して住み続けられるような環境づくりに努めてまいります。


【4.質の高い教育をみんなに】

多くの人々が教育を受けられる環境の整備

授業料無料で不動産の国家資格取得に向けたサポートを行う、NPO法人らいせんすアジアを2016年に開校し、現在では年間100名以上の生徒が国家資格取得のために日々勉強に励んでおります。Web講座も開講しているため、遠方の方も受講することが可能です。また、当グループはカンボジアに小学校を2校建築し、カンボジアの子どもたちがのびのびと教育を受ける環境も提供しております。今後も多くの人が教育を受けられるような仕組みづくりを行っていきます。

次世代を担うスポーツ選手の育成をサポート

2016年より一般社団法人ジャパンサーキット・レディース推進機構が主催するネクストスターチャレンジカップにメインサポーターとして協賛。女子プロゴルファーのタマゴである選手たちのスポンサーをすることで、次世代のトップゴルファーの育成をサポートしております。

そして、2019年からは、アジアジュニアカップを開催する株式会社リアルに協賛し、次世代のサッカー選手として世界へと羽ばたく子供たちの育成をサポートしております。


【5.ジェンダー実現しよう】

ジェンダー平等の実現に向けて

トランスジェンダーの方も平等で生活しやすいネットワークの構築を目指し、2020年より声掛けやセミナーに参加。ジェンダーに対する理解を深めるための活動をしております。

女性役員も活躍中

当グループは「毎日が一生懸命 関わる人を豊かにしたい」という企業理念を基に、社員に対しても一生懸命努力をする人を平等に評価します。女性役員も大活躍中です。


【7.エネルギーをみんなにそしてクリーンに】

再生可能エネルギーでクリーンに

2013年から太陽光発電を始めて、今では7ヶ所の太陽光発電所を稼働させております。再生可能エネルギーである太陽光発電は、温室効果ガスの排出を抑えることで、地球温暖化対策の長期戦略の一つである「脱炭素化(ゼロエミッション)」にも貢献します。今後も太陽光発電を拡大させて、更なる環境への貢献を目指します。アジアグループでは2030年までに遠隔地からの電力を長期間にわたり供給する「オフサイトPPA」の実施率100%を目指します。2020年は全グループ会社が使用した電気量の145%を太陽光発電により得ています。
また、車から出る二酸化炭素を減らし環境にやさしい社会を実現する為に、社有車は車検ごとにハイブリッド車に変更しております。


【8.働きがいも経済成長も】

挑戦し続ける企業として

当グループは今後も挑戦し続ける企業として事業を拡大してまいります。現在まで当グループは海外進出や国家資格取得学校の運営、広告代理業、自動車業、Web会社の立ち上げなど、不動産の枠にとらわれず世界や新境地を開拓してまいりました。今後も営業所や新規事業を立ち上げることで継続的に雇用を増やし、社員の働きがいやその家族の幸せを守ります。

社員育成

お客様に満足していただくためには社員自身が高いレベルのサービスを提供できる能力を身に付けておく必要があります。ビジネス基本講座のセミナーやプロ意識改革セミナー等、様々な教育カリキュラムを通じて社員のサービス能力を育成し、社員一人ひとりが着実に育つことで、お客様満足度と共に、社員の働きがいの向上を目指します。


【9.産業と技術革新の基礎をつくろう】

技能実習生の受け入れ

当グループでは海外より技能実習生の受け入れを行っております。海外から技能実習生を受け入れることで、当社で培われてきた技能や技術、知識を発展途上国へと移転し、途上国の発展を担う人財を育てる取り組みを行っております。


【10.人や国の不平等をなくそう】

カンボジアに教育の機会を

2015年、2020年とカンボジアに小学校を2校建築し、子供たちがのびのびと教育を受けられる環境を届けました。現地の子どもは学校に行きたくても学ぶところがなく、農村部と都市部では貧富や教育の格差が生じております。まだまだ教育の場は少ないかもしれませんが、少しでもカンボジアの子どもたちが教育を受ける機会が増えるように今後も活動を行ってまいります。


【11.住み続けられるまちづくりを】

子育てにおける地域コミュニティーへの支援

親と子と子育てに関わるすべての人に対し活動の場を作るため、「NPO法人川越子育てネットワーク」に2017年より広告費を支援しております。

住みよいまちづくり

地域住民の方々との交流を図る活動や社会貢献活動に積極的に参加しています。無理な住宅ローン返済計画を組む必要なくマイホームを手に入れていただけるよう、中古住宅の販売にも力を入れております。「空き家問題」も同時に解決し景観や治安が保たれるという観点からも、住みよいまちづくりに貢献しています。
2010年に木々が生い茂り暗く狭い小学生の通学路を拡張舗装工事するため、1368万円寄付しました。現在その場所では、アジアグループが寄付したことを記録する看板が設置されており、川越に住む地域の子どもたちが安心して通学しております。今後も地域の方々が安心して暮らすことのできる環境づくりに努めてまいります。


【12.つくる責任つかう責任】

ペーパーレス化

当グループではゴミを出さない為にペーパーレス化の取り組みを行っております。PDF文書や電子契約書を活用したり、FAXを使用せずに業者間のやり取りを行うことで、ペーパーレス化に貢献するだけでなく、コスト削減や業務効率の向上、セキュリティー強化など様々なメリットが生まれます。


【13.気候変動に具体的な対策を】

クールビズ

地球温暖化対策活動の対応の一環として、過度の冷房に頼ることなく夏を過ごすために、毎年クールビズを行っております。


【17.パートナーシップで目標を達成しよう】

SDGs17の目標を達成するために・・・

アジアグループの社員、またその家族一人ひとりが積極的に関心を持ち、考え、行動を起こし続けます。
-Continue to act!-

ASIA GROUPも頑張ります!

この様にASIA GROUPは2030年に向けてSDGsの取り組みに積極的に取り組んでいきます!

おすすめの不動産知識コラムはこちら

アイエー住宅販売では一生に一度のマイホーム選びに役立つ知識を掲載しております。不動産のチラシでよく目にする「都市計画」の項目にある市街化区域・市街化調整区域とは一体何か、住みたい場所は安全なのか災害に備えて確認できるハザードマップの記事など不動産のプロがお答えします。

市街化調整区域 都市計画法34条12号/ 建築許可・開発・該当者について(例:川越市)

都市計画法34条11号/市街化調整区域・既存宅地について(例:川越市)

もし災害が起きたら…狭山市ハザードマップ・防災への取り組み

川越市のハザードマップをわかりやすく解説

夢のマイホームを現実にするお手伝いさせて下さい!!

株式会社アイエー住宅販売について

アイエー住宅販売のスタッフの裏話など!

アイエー住販公式インスタグラム