新築戸建ての住宅購入の際の諸費用/諸経費って??

新築一戸建て あれこれかかる諸費用と税金についてお話します

inshi

お家を探す中で、戸建てであれば、物件の内容をみて、間取りをみて、周辺環境をみてetcなどそして価格をみて購入を決断されると思います。そこで注意が必要なのがその価格は「物件価格」であるという事です。そのほかにも諸費用と税金が別にかかる事をお忘れなく!!

新築は物件価格の3%~7%+仲介手数料の現金を準備

マイホームは物件の購入代金以外にさまざまな諸経費がかかります。まず、物件と住宅ローンに分けて説明したいと思います。

物件にかかる諸費用

・契約費用でかかる印紙税

・登記費用にかかる登録免許税司法書士等報酬

・税金でかかる不動産取得税消費税(建物にかかる税金)・固定資産税積算金(日割りで折半)

・火災保険

・仲介会社に支払う仲介手数料

ローンにかかる諸費用

・契約費用でかかる印紙税

・登記費用にかかる登録免許税司法書士等報酬

・手数料などで事務手数料(金融機関に払う手数料)・ローン保証料(フラット35は不要)・物件調査手数料(フラット35利用時)・団体信用生命保険(フラット35利用時)

などです。

では実際にかかってくる金額例で見てみましょう

物件の前提条件と、それに基づく計算結果です。物件によっては多少の金額の前後があります。参考例としてご覧頂けたらと思います。

【諸費用参考例】

・物件(新築戸建) :土地面積:204.25㎡(約61坪)

・物件価格:27,300,000円(諸費税込)

・住宅ローン(民間融資):借入金額28,000,000円(諸経費含む)

・表示登記費用:90,000円

・移転登記費用:257,514円

・固定資産税清算金:9,220円(日割り清算)

・火災保険料:282,110円

・ローン手数料:108,000円

・金融機関(銀行)に支払うローン事務手数料:108,000円

・銀行保証料:712,442円

・振込手数料:3,000円

費用合計:1,354,286円

+印紙代:30,200円(売買時物件代金1000万円以上だと10,000円+ローン契約時20,200円)

・仲介手数料:925,449円

基本諸費用の支払いは現金払いです

ですが、ローンに組み込むこともできます。支払いに難しい時には是非担当の不動産スタッフにご相談下さい。

「印紙税」「登録免許税」「不動産取得税」の3つの税金が購入時かかります

pop_plus_zei

でも、マイホームの税金は国の景気対策の一環で優遇が続いており、その中でも不動産取得税の減税が大きく、購入時の税金に関してはさほど心配をしなくていいと思います。

また、諸費用の他に、引っ越し代、新しい家電、インテリア代、など。物件によっては網戸・カーテンレール等もオプションになっている場合があります。必ずご確認ください。

後、物件の契約後に諸費用の金額でビックリ!!とならないために事前に諸費用の内訳を確認されることをおすすめします。

以上簡単ではありましたが最後までお読み頂きありがとうございます。川越支店ではおすすめの新築一戸建て住宅の現地販売会を週末開催しております。実際のお家をご覧いただき、ローン費用のご相談会も随時行っております♪

アイエー住宅販売 川越支店